土星人の性格や才能!並はずれた責任感を持つ理想主義者




この記事では、六星占術の中の星人の基本的な性格についてご紹介します。

土星人プラス、土星人マイナスの方のどちらにも当てはまる内容になっていますよ。

また、どのような才能をもち適性があるのかなど詳しく書いてあります。

是非参考にしてくださいね。



土星人の性格

土星人は人の好き嫌いが激しく、相手の立場や都合を推し量るのが苦手です。

職場や学校、家庭など、どんな環境でも、自分のポリシーを押し通そうとしますから、周囲からは「扱いにくい人」「頑固で柔軟性に乏しい人」などと敬遠されやすいようです。

友達同士で楽しみを分かち合ったり、協力して難局を乗り越えたりという人間同士の繋がりにかけると言えるかもしれません。

土星人が大殺界に突入すると、学校や職場では除け者にされたり、ビジネスマンだったら左遷の憂き目に合うケースが多いのですが、それも、こうした土星人特有の資質がもたらすものなのです。

しかし、基本的に利害よりも名誉やプライドを重んじる傾向が強いので、そうした状況下でも、人恋しくなることはまずありません。

逆に、人に煩わされずに済むと思っているのですから、さっぱりしたものです。

土星人が精神的なダメージを負うのは、自分の理想をつらぬけない時、または筋が通らない出来事にぶつかった時でしょう。

とくに、社会や組織の中における矛盾には憤りを感じます。

要領よくやり過ごしたり、黒いものを黒いと言えないような状況は許せません。

最悪の場合、ドロップアウトしてまで筋を通そうとしてしまう可能性もあります。

それは、土星人が並はずれた責任感の強さを持っていることを意味しています。

職場でもいったん任された仕事は、どんなことがあっても、また、たとえ一人になっても最後までやり遂げようとします。

借りたお金も、それがたとえ少額であったとしても、期日までにきちんと返す几帳面さは、六星人中では随一と言えるでしょう。

律儀さと潔癖さを常に追求し、同時に、その理想のままに生きようとするのが土星人です。

このような土星人の言動は、時として現実離れした融通のきかない頑固者とみられることもありますが、いまどき珍しく正義感の強い人だという評価を受けることも確かです。

さらに、誰も考えつかないような独特なアイデアで新しい企画を発表したり、多くの人々を感動させるイベントを思いつくなど、創造的な世界において、その独創性を発揮します。

筋を通すためには実力行使も辞さない過激な一面を持つ土星人ですが、本来は温厚な平和主義者です。

周囲を穏やかにおさめる力を持つ星人ですから、過激な理想主義に突っ走らない自制心が必要と言えるでしょう。

 



スポンサーリンク

 

土星人の才能や適性

土星人は、生まれつき独創性や創造力を備えています。

他人とうまく付き合っていくことが苦手な土星人ですが、創造的な世界では、秘められた能力が表面にあらわれてきますので、周囲の人からもその力を認められ、人の上に立つ人物になることも可能です。

特に、企業の研究所などで新しい製品の開発に当たったり、ファッションをはじめとして、いろいろなデザインを手がけたりする仕事が適しています。

それも、チームを組んでやるというよりも、一人で好きなようにすすめていける会社や部署の方が、土星人の持っている力を十分に発揮することができます。

たとえチームの一員としての実力を認められたとしても、結局は自分中心でなければ気が済まなくなるので、どうしてもチームワークを乱してしまいがちです。

どこまでも自分の主張を押し通そうとする頑固な一面が出すぎたときは要注意。

周囲の同僚や後輩とのコミュニケーションがなくなってきたり、上司から理解されていないと感じ始めたら、危険信号とみてください。一度チームワークを乱してしまうと、いくら才能があったとしても、リーダーシップをとることはおろか、実力を発揮することすら困難になるでしょう。

土星人が、持ち前の才能を活かし、人を使う立場になるためには、頑固な自分を自制するだけでなく、精神的な修業を積んでわがままなもう一人の自分と闘い、それを乗り越えることが必要です。

したがって、本人にとっても会社にとっても、ためになるのは、土星人にはできるだけ一人でできる仕事を与えることです。

もともと、土星は「中天に位置する星」としてリーダーの資質を備えていますから、どの世界でも、ひとかどの人物になれる素質は十分にあると言えます。

そこで、土星人の才能を活かすには、男性なら電子工学系統のエンジニア、学者、作家、航海士や船舶の設計技術者、カメラマン、広告デザイナーなど、一人で黙々と目標に向かう職業が適しています。

また、勘が鋭く一発勝負に強いため、その特質を活かした相場師やイベントの企画にたずさわるのもいいでしょう。

女性の場合は、宝石デザイナー、スタイリスト、ヘアデザイナー、ブティック経営など「美」に関する職業で、独創性や先見性が要求される分野がふさわしいでしょう。

そのほかには、陶芸家、プログラマー、オペレーター、翻訳家、童話作家などの仕事に就くと高い評価を得ることができます。

関連記事

六星占術 土星人プラス2019年の運勢はこちら!

 

土星人プラス2019年の日運、大殺界早見表はこちら!

 

土星人プラス2019年1月2月の月運と日運はこちら!

 

土星人プラス2019年3月4月の月運と日運はこちら!

 

土星人プラス2019年5月6月の月運と日運はこちら!

 

土星人プラス2019年7月8月の月運と日運はこちら!

 

六星占術 土星人マイナス2019年の運勢はこちら!

 

土星人マイナス2019年の日運、大殺界早見表はこちら!

 

土星人マイナス2019年1月2月の月運と日運はこちら!

 

土星人マイナス2019年3月4月の月運と日運はこちら!

 

土星人マイナス2019年5月6月の月運と日運はこちら!

 

土星人マイナス2019年7月8月の月運と日運はこちら!

 

六星占術 土星人の恋愛、結婚についての詳しい内容はこちら!



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です