六白金星2019年の引っ越し、転職、金運をチェックしよう!

六白金星2019年の運勢について少し細かく見て行きましょう。

全体の運勢をチェックしていない方はまずこちらからどうぞ。

この記事では、六白金星2019年の

  • 引っ越し・家族・居住・移転
  • 仕事・就職・転職
  • 金運

について詳細に見ていきます。

全体運に加えてここで説明する内容についてもしっかり確認しておきましょう!




六白金星2019年の引っ越し・家族・居住について

家庭円満が活躍の基盤に

発展機運が高まり、活動的となる今年は、社会的な活躍に比重が置かれ、家庭で過ごす時間が少なくなります。

それだけに、家族とのスキンシップやコミュニケーションは希薄となり、家族への配慮も欠けやすくなります。

すれ違いから家庭不和に陥らないためにも、意識的に家族との時間を作る心がけが必要です。

家族の協力があってこそ活躍に拍車がかかるときですので、感謝の気持ちを忘れず、家庭円満に努めましょう。

マイホーム獲得のチャンス

今年中に土地やマイホームなどの購入を考えている人にとっては、チャンスの年となります。

ただし、意欲的になる年だけに、独断専行や勢いに乗っての購入はトラブルのもと。

資金繰りも含めて家族と十分に話し合い、計画を立てたうえでの実行が望まれます。

独立は家族に相談して

今年、親元からの独立を考えている人は、自分一人で何でも決めてしまうのではなく、家族の了解を得ることが先決です。

独断専行は慎み、家族と十分な話し合いのうえで決定しましょう。



スポンサーリンク

六白金星2019年の仕事・就職・転職について

積極的な行動が発展のカギ

目覚ましい発展が期待できる今年は、努力が成果に直結する実力発揮のチャンスの年です。

とくにこれまで温めてきたプランや企画は実行に移すときです。

また、中途半端だった事柄も再チャレンジで良い結果が得られるときですので、思い切って積極的に行動に移しましょう。

新たな人脈がチャンスを招く

交友が多岐にわたる今年は、異分野の人との交流にも恵まれ、幅広い新情報や発展のヒントに出合えます。

とくに知的分野の人との交流は視野が広がり、時流に乗れる適応力が身について思いがけない飛躍のチャンスにつながります。

また、就職活動が不調だった人にも新たな活躍の場が開けますので、積極的に活動範囲を広げて交流を持ちましょう。

勇み足や早合点には要注意

好調とはいえ、勢い余っての独走や勇み足には注意が必要です。

とくに準備不足や単なる思いつきなど、軽率な判断での猪突猛進は大ダメージのもと。

好条件の引き抜き話など、うまい話であればあるほど即断即決は慎み、くれぐれも慎重な対応で臨みましょう。

2019年注目の運命方位&運命期

東(5月23日)

優良で将来性のある企業に出合える方位です。

有能な上司にも恵まれ、引き立てが期待できます。

実力を存分に発揮し、実績もあげられます。

東(7月30日)

この方位の会社は、社会的信用の高い企業です。

就活中の人はこの時期の情報収集や交流でチャンスが得られます。

取引や営業にも最適です。

北(10月15日)

新規取引や営業活動に最適な方位です。

評判の良い企業と縁ができ、良好な関係が築けます。

安定した取引で販路拡大も期待できます。



スポンサーリンク

六白金星2019年の金運について

倹約を徹底して有効活用を

仕事運の上昇に伴い、金銭面もそれなりに順調で見通しの明るい年となります。

しかし、活気づくときだけに交際費や活動費などの必要経費の増大は避けられず、資金繰りも忙しく、手元にはあまり残らないことが予測されます。

好調なときだからこそ倹約をモットーにして、収支のバランスを崩さない心がけが必要です。

自己投資は惜しまないこと

発展向上の年だけに、必要経費の出し惜しみは発展の妨げとなります。

仕事面での投資はもちろん、将来への資格取得やスキルアップへの自己投資も惜しまないことが大切です。

収支のバランスを図りながら、有効に活用しましょう。

金銭感覚を見直して

収入に期待できますが、忙しさから金銭感覚が一段とアバウトになりがちです。

加えて、見栄や体裁にもとらわれやすく、知らない間に予算オーバーとなりがちです。

収入をあてにしたローンやカードでの購入、衝動買いには十分な注意が必要です。

また、一攫千金を夢見る投資話などの誘惑も懸念されますので、目先の欲にとらわれないように用心しましょう。

2019年注目の運命方位&運命期

六白金星生まれの人にとって、2019年は、残念ながら移転(マネー)の運命方位・運命期がありません。

移転は年の吉方と月の吉方が重なる時期に行うのが原則ですが、今年は年の吉方がありませんので、移転を計画されている方は、来年以降がよろしいです。

どうしても移転しなければならない場合は、仮の移転先として月の吉方を使用し、仮移転地に一年以上移住後、数年以内にもう一度、運命方位・運命期に移転してください。

関連記事

 

 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です